2021/08/08〜2022/08/14の最新情報

Deno v1.24.3 Deno v1.24.3がリリースされました。 fetch()でSOCKSがサポート 検証はしていないのですが、HTTP_PROXYやHTTPS_PROXY環境変数にsocks5:またはsocks5h:形式のURLを指定すると利用できそうです。 Deno.UnsafePointerViewへの機能追加 Deno.UnsafePointerViewに以下の3つのstaticメソッドが追加されています。 getCString getArrayBuffer copyInto これらのメソッドの挙動は、Deno.UnsafePointerViewの同名のインスタンスメソッドとほぼ同様です。 compilerOptions.jsxImportSourceが指定されていると、deno.json(c)をimportできない問題が修正 次のように、compilerOptions.jsxImportSourceが設定されたdeno.jsonが定義されていたとします。 { "compilerOptions": { "jsx": "react-jsx", "jsxImportSource": "preact" }, "importMap": "./import_map.json" } このファイルをImport assertionsを使用して読み込もうとすると、エラーが発生する問題が修正されています。 import config from "./deno.json" assert { type: "json" }; // => `error: Loading unprepared module` console.log(config); この修正は、Freshにおけるfeat: support JSX automatic mode (#610)の対応のために実施されたようです。 その他の修正 --allow-netに空の値を指定するとプロセスがパニックする問題が修正されています。 --locationオプションが指定されていないときはglobalThis.locationが上書きできるようになりました。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.24.3 deno_std v0.152.0 deno_std v0.152.0がリリースされました。 std/crypto: subtle.timingSafeEqual()が追加 import { crypto } from "https://deno....

August 14, 2022

2021/08/01〜2022/08/07の最新情報

Deno v1.24.2 Deno v1.24.2がリリースされました。 FFIに関する改善 Deno.UnsafePointerView#getArrayBufferがpointerが指すデータのコピーではなく、pointerが指すデータを直接返すように修正されています。 また、Deno.PointerValueが追加されています。 これに合わせて、ポインタを取り扱う各APIの戻り値などでもこの型が使用されるように修正されています。 その他には、戻り値が64ビット値の関数に対してもV8 Fast API Callsによる最適化が適用されるようになりました。 その他の変更点 プロパティにErrorオブジェクトが設定されたオブジェクトをthrowすると、プロセスがパニックする問題が修正されました。 deno vendor: dynamic importに失敗した際に、プロセスがパニックする問題が修正されました。 deno lsp: import節の入力補完において、レジストリ補完の最中のみ/がコミット文字として使用されるように修正されました。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.24.2 deno_std v0.151.0 deno_std v0.151.0がリリースされました。 Node.jsの互換レイヤーに関するバグ修正や機能の追加が実施されています。 変更点: node/fs: fs.existsSync()が例外をthrowする可能性がある問題が修正されました。 node/fs: fs.watchFile()とfs.unwatchFile()が実装されました。 node/http(s): http.request()などでprotocolを省略した際に、デフォルトで適切なプロトコルが設定されるように修正されました。 https://github.com/denoland/deno_std/releases/tag/0.151.0 Deno Merch Deno公式のショップサイトが公開されました。 https://merch.deno.com/ ソースコードも公開されており、Fresh/Twind/SWR/GraphQL Storefront API (Shopify)をベースに実装されているようです。 https://github.com/denoland/merch Freshのロードマップ Freshのロードマップが公開されました。 Roadmap (#563) 直近では、以下の変更が予定されているようです。 プラグインシステムの実装 (現状、Twindプラグインの実装が進行しているようです) <Head>コンポーネントの非推奨化 (<head>タグによって直接メタ情報を埋め込めるようにする予定のようです) https://github.com/denoland/fresh/issues/563 PrismaのDenoサポートについて Prismaの以下のissueで、Denoのサポートについて議論されています。...

August 7, 2022

2021/07/25〜2022/07/31の最新情報

Deno v1.24.1 Deno v1.24.1がリリースされました。 このリリースはバグ修正がメインです。 "unhandledrejection"イベントに関する修正 "unhandledrejection"イベントのリスナに関する型定義が修正されています。 また、モジュールのトップレベルで同期的にエラーが発生した際にも"unhandledrejection"イベントが発火されるように修正されています。 Deno.Child.unref()に関する修正 Deno.Child.unref()を呼ぶと、Deno.Child.stdoutやDeno.Child.stderrもunrefされるように修正されています。 その他の変更点 型チェック時(--check)に、TypeScriptのjsxFactoryとjsxFragmentFactoryオプションが自動で設定される問題が修正されています。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.24.1 deno_std v0.150.0 deno_std v0.150.0がリリースされました。 http/http_errors createHttpErrorでheadersオプションがサポートされています。 import { createHttpError } from "https://deno.land/std@0.150.0/http/http_errors.ts"; import { Status, STATUS_TEXT } from "https://deno.land/std@0.150.0/http/http_status.ts"; const error = createHttpError( Status.Unauthorized, STATUS_TEXT[Status.Unauthorized], { headers: { "WWW-Authenticate": "Basic" } } ); error.headers; // => `Headers { "www-authenticate": "Basic" }` io/writers StringWriterにデータを書き込む際に、引数のUint8Arrayがコピーされるようになりました。 引数に渡したUint8Arrayが別の箇所で変更されると、StringWriter#toStringが返却する文字列にも影響が出てしまう問題があったようです。 import { StringWriter } from "https://deno.land/std@0.150.0/io/writers.ts"; const encoder = new TextEncoder(); const w = new StringWriter(); const bytes = encoder....

July 31, 2022

2021/07/18〜2022/07/24の最新情報

Deno v1.24.0 Deno v1.24.0がリリースされました。 以下の記事に変更点をまとめたため、詳しくはそちらを参照いただければと思います。 Deno v1.24 deno_std v0.149.0 deno_std v0.149.0がリリースされました。 semverモジュールが追加 deno_stdにsemverモジュールが入りました。 import * as semver from "https://deno.land/std@0.149.0/semver/mod.ts"; semver.valid("v1.2.3"); // => 1.2.3 semver.gt("2.0.0", "1.2.4"); // => true semver.satisfies("1.4.2", ">=1.x"); // => true testing/asserts assertRejectsがthenableなオブジェクトをサポートしました。 const error = await assertRejects(() => ({ then() { throw new Error("foo"); }, })); console.assert(error.message === "foo"); node process.on("beforeExit")がサポートされました。 https://github.com/denoland/deno_std/releases/tag/0.149.0 Denoについてのアンケート Deno公式でアンケートが公開されています。 https://unf275cfh14.typeform.com/to/k3eQB4Q3 https://twitter.com/deno_land/status/1550209370301952000

July 24, 2022

Deno v1.24

Deno v1.24がリリースされました。 この記事では主な変更点などについて解説します。 --checkオプション指定時のトランスパイルの挙動が変更 tscがトランスパイル用途では使用されなくなりました。 型チェック トランスパイル --check (v1.23) tsc tsc --no-check (v1.23) - swc --check (v1.24) tsc swc --no-check (v1.24) - swc これにより、トランスパイルの効率化が見込まれます。 また、tscの実行結果をSQLiteにキャッシュする仕組みも導入されており、型チェックについても効率化が図られています。($DENO_DIR/check_cache_v1にSQLiteのデータベースファイルが作成されます) FFI(Deno.dlopen)の改善 v1.23.3でV8 Fast API Calls+JITコンパイルの導入による最適化が実施されました。 今回のリリースでは、64ビット値を取り扱う関数に対してもV8 Fast API Callsを利用した最適化が適用されるように改善されています。 サブプロセスAPIへの変更 Deno v1.21 で入ったサブプロセスAPIに変更が加わっています。 Deno.Child.unref()とDeno.Child.ref()のサポート 挙動としてはDeno.refTimerやDeno.unrefTimerと同様で、Deno.Child.unref()を呼ぶと、対象の子プロセスがDenoの終了をブロックしなくなります。 const child = await Deno.spawnChild("some_long_running_process", { args }); child.unref(); (破壊的変更) Deno.Childの型定義が変更 Deno.spawnChildで返却されるDeno.Childのstdio関連のプロパティに関する型定義が変更されています。 v1.23.4...

July 24, 2022

2021/07/11〜2022/07/17の最新情報

Deno v1.23.4 Deno v1.23.4がリリースされました。 V8 Fast API Calls+JITコンパイルによるFFIの最適化 V8 Fast API Callsとtinyccを使用したJITコンパイルにより、FFI(Deno.dlopen)の最適化が行われています。 Deno.dlopenを呼んだ際に、下記の条件が満たされる外部関数へのバインディングに対して、自動でFast API Calls+JITコンパイルによる最適化が適用されます。 非Windows環境であること (Windowsではまだこれらの最適化がサポートされていません) パラメータ及び戻り値の型にスカラ型のみが含まれる場合 もしこれらの最適化を無効化したい場合は、callbackオプションにtrueを指定する必要があります。 const lib = Deno.dlopen( "some_lib.so", { some_func: { parameters: ["usize", "usize"], result: "usize", callback: true }, } ); 細かな詳細については、deno_ffiも参照ください。 perf(ext/ffi): leverage V8 Fast Calls #15125 fix(ext/ffi): trampoline for fast calls #15139 fix(ext/ffi): allow opting out of fast ffi calls #15131 その他の変更点 Request#json()などに続けてRequest.headersを参照するとプロセスがパニックする問題が解消されています。 deno lspで自動importが効くようになりました。それに伴い、入力補完に関わる挙動も改善されています。 https://github....

July 17, 2022

2021/07/04〜2022/07/10の最新情報

Deno v1.23.3 Deno v1.23.3がリリースされました。 このリリースでは、deno testなどの引数にfile:形式でディレクトリを指定すると、エラーが発生する問題が修正されています。 # v1.23.2まではエラー $ deno test file:///home/foo/sample/tests また、Denoの内部で使用されているTypeScriptがv4.7.4へアップデートされています。 その他には、いくつかのパフォーマンスチューニングなどが実施されています。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.23.3 deno_std v0.147.0 deno_std v0.147.0がリリースされました。 dotenv dotenvモジュールで、変数の展開がサポートされました。 例えば、以下のような内容で.envファイルが定義されていたとします。 HOST=localhost URL=http://${HOST}:${PORT:-3000} このファイルをdotenvモジュールで読み込むと、以下のように評価されます。 { HOST: "localhost", URL: "http://localhost:3000" } その他には、stringify()関数が追加されています。 import { stringify } from "https://deno.land/std@0.147.0/dotenv/mod.ts"; stringify({ PORT: "3000", HOST: "localhost", LOG_LEVEL: "debug" }); // PORT=3000 // HOST=localhost // LOG_LEVEL=debug http oak_commonsのHTTPエラーとコンテントネゴシエーション用のモジュールがdeno_std/httpに取り込まれました。 http/negotiation import { accepts } from "https://deno.land/std@0.147.0/http/negotiation.ts"; const req = new Request("https://github.com", { headers: { accept: "text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0....

July 10, 2022

2021/06/27〜2022/07/03の最新情報

Deno v1.23.2 Deno v1.23.2がリリースされました。 スレッドセーフコールバックのサポート(FFI) 例えば、メインスレッドで登録したコールバック(Deno.UnsafeCallback)をWorkerスレッドから呼び出したり、その逆にWorkerスレッドで登録したコールバックをメインスレッドから呼び出すことができるようになりました。 また、Deno.UnsafeCallbackにrefとunrefメソッドが実装されており、refを呼ぶことでDenoプロセスの停止を防止することができます。(Deno.refTimerなどと同様の挙動) https://github.com/denoland/deno/pull/14942 その他の変更点 FFIで空のArrayBufferを渡すとプロセスパニックする問題が修正されています。 deno lspのdeno/cacheメソッド(vscode-denoだとDeno: Cache Dependenciesコマンド)で依存関係をキャッシュした際に、TypeScriptのランゲージサービスが自動で再起動されるようになりました。 Deno.bench()やDeno.test()を含むファイルをdeno runで実行すると、エラーが発生する問題が修正されています。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.23.2 deno_std v0.146.0 deno_std v0.146.0がリリースされました。 collections: BSTreeとRBTreeのリネーム collectionsモジュールで提供されているBSTreeがBinarySearchTreeに、RBTreeがRedBlackTreeにリネームされています。 その他の変更点 testing/asserts: assertEqualsで同じ要素を持つSet同士を比較しているにも関わらず、例外が発生するケースがあったため、修正されています。 streams/delimiter: TextLineStreamで大きなチャンクを処理する際にMaximum call stack size exceededエラーが発生することがある問題が修正されました。 node/util: util.inspect()やutil.format()で6つを超える要素数の配列が正しくフォーマットされるように修正されています。 https://github.com/denoland/deno_std/releases/tag/0.146.0 JITコンパイラによるFFIの最適化 Deno本体へのJITコンパイラの導入により、FFIバインディングを最適化するPRが作成されています。 perf(ext/ffi): JIT compiler for FFI (#15006) 内部的には、tinyccが使用されているようです。 https://github.com/denoland/deno/pull/15006 Fresh v1 Fresh v1.0.0がリリースされました。 これに合わせて、Freshのリポジトリがdenoland organization配下に移動されています。 また、Deno公式でFreshの紹介記事が公開されています。 Fresh 1.0 https://github.com/denoland/fresh denoland/meet-me Deno公式で、Calendlyのクローンアプリが公開されています。...

July 3, 2022

2021/06/20〜2022/06/26の最新情報

Deno v1.23.1 Deno v1.23.1がリリースされました。 FFI関連の変更点 破壊的変更としてDeno.UnsafePointerが削除されました。 (正確にはDeno.UnsafePointer.ofのみ残されています) 今後、ポインタはbigintで表現されます。 その他には、unstable APIとしてDeno.UnsafeCallbackが追加されています。 JavaScriptの関数を関数ポインタとして受け渡すために利用できます。 deno fmtの改善 deno fmtコマンドがnode_modulesと.gitディレクトリを無視するようになりました。 また、JavaScriptファイルのパースに失敗した際に、deno fmt --checkがちゃんと失敗するように修正されています。 その他の変更点 fetchの呼び出し時に、デフォルトでAccept-Language: *ヘッダが設定されるように修正されました。 deno replコマンドで、直前の文字が空白のときにTabキーを押すと、タブ(\t)が挿入されるように修正されました。 deno runコマンドで.d.ctsや.d.mtsファイルを実行すると、プロセスがパニックする問題が修正されました。 https://github.com/denoland/deno/releases/tag/v1.23.1 deno_std v0.145.0 deno_std v0.145.0がリリースされました。 std/encoding/json/stream std/encoding/json/streamが追加されました。 このモジュールでは、下記4フォーマットでのストリーミングがサポートされています。 JSON Lines ndjson JSON Text Sequences Concatenated JSON JSONParseStreamは上記の上から3つのフォーマットをサポートしています。 import { JSONParseStream } from "https://deno.land/std@0.145.0/encoding/json/stream.ts"; import { readableStreamFromIterable } from "https://deno.land/std@0.145.0/streams/conversion.ts"; const readable = readableStreamFromIterable([ `{"name": "foo"}`, `{"a": 1, "b": true}`, ]) ....

June 26, 2022

2021/06/13〜2022/06/19の最新情報

Deno v1.23 Deno v1.23がリリースされました。 以下の記事に変更点をまとめたため、詳しくはこちらを参照いただければと思います。 Deno v1.23 deno_std v0.144.0 deno_std v0.144.0がリリースされました。 encoding/front_matter 新規モジュールとしてencoding/front_matterが追加されました。 import { extract } from "https://deno.land/std@0.144.0/encoding/front_matter.ts"; const { attrs, body } = extract<{ title: string, date: Date }>(`--- title: foobar date: 2022-06-12 --- Hello`); console.assert(attrs.title === "foobar"); console.assert(attrs.date instanceof Date); console.assert(body === "Hello"); collections collections/mod.tsをimportすると警告が表示されるようになりました。 必要に応じて、collections/deep_mergeやcollections/group_byなどの各ファイルを個別にimportすることが推奨されます。 node process.stdoutとprocess.stderrに下記メソッドが実装されています。 cursorTo moveCursor clearLine clearScreenDown https://github.com/denoland/deno_std/releases/tag/0.144.0 Freshのアップデート (CLIの削除) FreshからCLIが削除されています。 feat: remove fresh cli, do manifest generation in process (#223)...

June 19, 2022